最近需要が高まっているe-MACSのハウスクリーニングサービス

サービス向上の主役

ホテルの備品として取り扱われるアメニティグッズですが、今は、顧客サービスの中心となっています。かつては使い捨ての製品というイメージが一般的でした。しかし最近では、サービスの主軸ともなっているほど重要な位置づけなのです。

ハウスクリーニングで独立

会社

ハウスクリーニングとは

ハウスクリーニングは、文字通り家の掃除を行う仕事です。仕事の内容は一般的な屋内の掃除から、汚れが付きやすい水回りやキッチンを重点的に行うもの、またエアコンや換気扇のクリーニングなどが中心です。ハウスクリーニングの需要は高まっていますが、一方で業者とはいえ家の中に人を入れて掃除をしてもらうという性質上、信用力が重要になってきますし、やはり信用力を得るにはその結果が重要です。そのためハウスクリーニングを始めるのであればフランチャイズを利用するのが良い方法といえます。フランチャイズといってもさまざまな業種が参入していますが、その中でもe-MACSは他にない強みがあります。e-MACSは、2004年設立と新しい会社ですが、もともとは業務用洗剤の製造販売を行っているメーカーですので、汚れを落とすという意味では強みがあります。e-MACSで開業するためには加盟金20万円、研修費40万円、保証金15万円の75万円が必要です。ロイヤリティは不要で契約タイプは代理店契約となります。6日間の短い研修期間で行うことができます。またハウスクリーニングといえば個人宅向けのサービスと思われがちですが、賃貸住宅の原状回復でも利用されています。e-MACSでは提携している管理会社などからのそのようなハウスクリーニングの依頼もあるため、安定した収益が見込めるのも他のハウスクリーニングのフランチャイズに比べて異なっているポイントです。

アジアの大都市です

ビル

中国にある香港は海外企業も注目している大都市で、ビジネスにおけるアジア内の大拠点となっています。日本企業でも香港に会社設立を行う企業が増えていますから、様々な手続きを確実に行ってスムーズに会社設立を行いましょう。

日系の企業も多く魅力

説明

インドネシアでは日本の企業も多数進出しており、現地でのサポートも万全です。会社設立の手助けはさまざまな企業が行ってくれますし、工場などの物件も安くで借りることができるので有利にビジネスを始めることができます。